足底筋膜炎の症例③

ひとえに、足底筋膜炎といっても原因はさまざま。人によって痛い場所も違って当然です。

このページはわかば接骨院にお越しの方で足底筋膜炎でお悩みだった方の症例の一部を報告します。

あなたの足底筋膜炎の原因・症状に応じたゆがみを改善する整体を行うことでそのつらい足底筋膜炎はきっと良くなりますのでご安心くださいませ。

足底筋膜炎で、お悩みの男性

主訴:足の裏が痛すぎて歩くことさえ困難 お所:豊田市 職業:会社員(製造業) 趣味:バスケットボール

症状

足底筋膜炎により、歩くことがつらい。足の裏の腫れぼったさ。

バスケットをした翌日、かかとに針で刺されたような激痛が走り、しばらくかかとを着いて歩けなかった

 

来院までの悩み

整形外科・接骨院と通い2ヶ月くらい悩んでいました

足底筋膜炎治療ができるところを探していました。

初回施術開始日 2018年7月

検査

  1. 立った姿勢で、バランス評価。
  2. 座った姿勢で、骨盤→背骨→背中→肩の動作範囲の評価
  3. 仰向けで、体幹・首の評価。
  4. 患部の検査と評価

施術の内容と症状の経過

初回施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首の調整/足の調整/内臓反射の調整

初回施術後の変化

・施術前検査の動きに変化がでる。

体の動きに変化が見られたため、本日は上記の施術にて終了。

 

2回目の施術(3日後)

施術前検査

・以前よりは疼痛減少

施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首の調整/足の調整/アキレス腱の調整

施術後検査

・施術前検査の動きに変化がでる。

体の動きに変化が見られたため、本日は上記の施術にて終了。

 

3回目の施術(5日後)

施術前検査

・足底の疼痛は平行線。

・右腰に朝痛みが出ていた

施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首の調整/足の調整/内臓反射の調整

・頭蓋骨の調整/からだ全体筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きに変化がでる。

体の動きに変化が見られたため、本日は上記の施術にて終了。

 

4回目の施術(8日後)

施術前検査

・右腰の疼痛は減少

・バスケを軽めにやってみた。プレイ中は足底の痛みは-。翌朝++。翌々日+。
無理をすると痛みが戻る。が、以前ほどではない。

施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首の調整/足の調整/内臓反射の調整

・頭蓋骨の調整/からだ全体筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きに変化がでる。

体の動きに変化が見られたため、本日は上記の施術にて終了。

 

5回目の施術(10日後)

施術前検査

・市販インソールを使用。症状軽減。

腰の疼痛-、足底の痛みは、無理をすると疼痛+。

施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首の調整/足の調整/内臓反射の調整

・頭蓋骨の調整/からだ全体筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きに変化がでる。

体の動きに変化が見られたため、本日は上記の施術にて終了。

 

6回目の施術(14日後)

施術前検査

・バスケの翌朝は+。バスケの無い日の翌朝は-

施術内容

・首の調整/骨盤の調整/手首の調整/足の調整/内臓反射の調整

・頭蓋骨の調整/からだ全体筋ポンプ

施術後検査

・施術前検査の動きに変化がでる。

 

院長の見解

足底筋膜炎で悩んでいた。バスケットボール好きの男性の症例。

初回来院時は、右足を引きずっていた。踵の腫れがはっきりと分かるくらいに腫れていました

3回目の施術後から症状が軽減した。バスケットボールをやると翌朝に疼痛を繰り返していたものの、「以前ほどの痛みはない。」と喜んでいただいたことが治療家として嬉しく思った。

現在は、週1~2回のバスケットボールの練習や試合に参加し、症状悪化のしないように整体を継続中。

このブログの著者

写真

著者:藤澤 隆

~略歴~

愛知県豊田市の整体院『わかば接骨院』院長

平成16年4月7日豊田市浄水町で、わかば接骨院を開業。
平成25年より少年サッカーチームのトレーナーとしても活動。
トレーナー活動は、ボランティアがモットー。

ゆがみの改善を得意とする整体法で、多くの方の施術をしている現役の治療家。

足底筋膜炎(足裏の痛み)について詳しくはこちら

足底筋膜炎(足裏の痛み)

この記事に関する関連記事

わかば接骨院

〒470-0343愛知県豊田市浄水町伊保原118-1 ディアコート浄水